ムスリムのインバウンド対応はハラル弁当の宅配を!

インバウンドで日本に来られるムスリムの方が増えている中、
ハラル料理をホテルの厨房で作ることは現実的に容易ではありません。
ハラル対応の食事にお困りの旅行会社さんやホテルの食事担当の方は、
ハラル弁当の宅配やオードブルのご利用がおすすめです。

日本のおもてなし

インバウンド(Inbound)という言葉が流行しています。
インバウンドとは簡単に述べると、海外の人たちが訪問してくれる旅行のことです。
日本では、インバウンド対応として「おもてなし」の精神を大切にしている方が多いと思います。
ムスリムの方へのおもてなしとは、まさにハラル対応の食事を用意することではないでしょうか。
ハラル対応の食事とは、お肉はハラル処理されたものを使い、
加工食品や調味料にはハラルでない原材料(ポークエキス、ゼラチン、豚脂、アルコールなど)
を含まない食事のことを言います。
「ハラールとは?見分け方は?イスラム教徒の食事について」
にも記載しております。

欧米では、ハラル対応の食事は当たり前になっている国が多い中、
日本ではまだまだ対応が進んでいないことが現状です。
そのため、日本に来られたムスリムが、ハラル対応の少なさに驚かれることもあります。

ハラル対応の食事

日本に来られたムスリムの方は、食事もゆるくなりがちと言われていますが、
厳粛な方も多くいらっしゃいます。
厳粛な方にとっては、日本という異国での食事にハラルマークがついていたら安心です。

日本語を読める方であれば、ポークエキス、ゼラチン、豚脂、アルコールなどの
ハラムを含む原材料を避けた食事が可能かもしれません。
日本語が話せる方は、食品メーカに問い合わせたりする人もいます。
しかし例えば日本に留学している学生であったとしても、日本語は難しいもので、
それがハラムを含むかどうかがわかりにくいと思います。

飲食店に行ってもお弁当を買いに行ってもハラルの食べ物がないので、
日本に在住しているムスリムの方々は、自炊をする人が多いと言います。
ハラルやイスラム圏で販売されている調味料などを購入できるお店が近くにあればよいのですが、
それも簡単なことではありません。

そういったことから、短期間の日本旅行であったとしても、
厳粛なムスリムの方は不安で仕方がないことでしょう。

なぜハラルなのか?

まず、なぜムスリムの方はハラルのお肉を食するのか?
それはこのようにコーランに記載されているからです。

陸上の動物は、イスラム教の信仰心がある者がとどめを刺したものでないと
食べられないことになっています。
死肉や豚肉、獣が食べちらかした残骸は、コーランに食することが禁止されています。

次に、なぜアルコールを口にしてはいけないのか?

アルコールは精神と身体に悪影響を及ぼします。
それは思考を鈍らせ、病気の原因となり、富を浪費させ、個人・家庭・コミュニティを破壊します。
飲酒は判断力を弱め、警戒感を下げ、ギャンブルや危険な行為におけるリスクを
大したことではないかのように思わせるのです。

ムスリムの方々は、その信仰心の高さがゆえに、ハラル対応の料理でないと食べられません。
ムスリムの方々の信仰心や気持ちを尊重し、日本で快適な食生活を満喫してもらいたいものです。

ハラル認証とハラルマーク

「ハラール認証について」にも記載していますが、
ムスリムの方々が安心して食べられる食事を提供するお店を認定するための、
「ハラル認証」というものがあります。
ハラルを判定している団体によって発行されている認証です。
また、ハラルであると認められた製品には、その団体からハラルマークを付与することが許されます。

しかし、ハラル認証は各国の民間認証で世界基準はありませんし、
さまざまなハラルマークが存在する国もあります。
そういうことで、ハラル認証を得ていたとしても、ムスリムの方から得られる信頼性はマチマチです。
ハラルマークが付いていても、どこの国で生産されているかを気にするムスリムの方もいます。

そういった中で、マレーシアの「JAKIM(ジャキム)」や
シンガポールの「MUIS(ムイス)」というハラル認証は信頼性が高いとされています。

日本国内にもいくつものハラル認証があります。
一般社団法人ジャパン・ハラール・ファンデーションやNPO法人日本ハラール協会の認証は、
JAKIMやMUISと相互認証を取得しているので、国際的にも信頼性があります。

当店は、一般社団法人ジャパン・ハラール・ファンデーションのハラル認証を得ているので、
ムスリムの方も安心してお召し上がりいただけます。

キッチンで調理をするために

ハラル対応の食材を調理して、ムスリムの方への料理を提供しようとしても、もう1つ注意が必要です。
それは、キッチンのハラル対応です。

まな板、包丁、フライパンなどの厨房機器がすべて、
ハラル以外の食材を調理したことのあるものだったら、いくらハラル対応の食材を調理しても、
出来上がった料理はハラル対応ではありません。
不浄なものがある場所にハラルなものを置いても、同じく不浄になってしまうという概念があるためです。

そういった厨房機器は、「宗教洗浄」という清め方があります。
宗教洗浄のやり方にはさまざまな学派があると言われており、
大地の成分(砂など)で何回も厨房機器やキッチンを洗い、清浄な水で洗い流すというものです。

日本国内のホテルや料理店などでは、導入は難しいことでしょう。

ムスリムの方への対応はハラル弁当やオードブルがおすすめ

日本に来られるムスリムの方が増えている中、
ハラル対応の食事にお困りの旅行会社さんやホテルの食事担当の方には、
ハラル弁当やオードブルのご利用がおすすめです。

当店のハラル弁当の宅配やオードブルは、添乗員さんや旅行会社さんの日本人スタッフ、
日本語が話せる外国の方からご依頼されることが多いです。
商社やメーカ企業、官庁の国際系の部署の方からのご注文もよくいただいております。

過去のあったご注文では、サッカースタジアムがありました。
日本との親善試合で来日していました。
ラマダン中の試合でしたので日没後にお食事をしてからキックオフでした。
そのお食事を当店が担当し、とても喜んでいただきました。

当店の日本人スタッフは、料理ができることは当然として、
全員ムスリムの宗教心などを理解しています。
日本ハラール協会が発行している資格「ハラール管理者」を取得したスタッフが、
お客様にお届けするハラル弁当や料理の管理をしています。
ムスリムのインバウンド対応なら、当店のハラル弁当やオードブルをぜひご利用ください。