実際にイスラム教徒をおもてなしすることになったら・・・

イスラム教の人にはどんな食事を出せばいいの?

来日されるイスラム教徒の方をおもてなしすることになったけど、どんなものを食べてもらえばいいか分からない、という方もいらっしゃるかもしれません。
ムスリム向けの食事は、普通の日本人が食べるものをまったく違うというわけではなく、いくつかの点に気をつければ、私たちもムスリムも一緒に食事を楽しむことができます。「ハラールとは?見分け方は?イスラム教徒の食事について」でも出てきましたが、基本的に気をつけるべきポイントをまとめると、

  • 野菜、果物、穀物はOK
  • 動物性食品でも、卵・乳製品はOK
  • 魚は基本的にOK。ただし、「うろこのない魚」はダメな方がいます。
  • 肉は「ハラール(Halal)」と書かれている肉を使う。
  • アルコールはNG。料理に使うのも避けましょう。調味料にもアルコールが入っていることがあります。
  • お菓子やスナック類についても、ゼラチンやラード、アルコールなどが入っていないかチェックしましょう。
  • 分からないことがあったら、本人に聞きましょう。

外食する場合は、ハラール食材を使っていたり、ハラール認証を取得しているお店もあるので、お客様が心配される場合はそれらを利用すれば、安心してもらえるでしょう。ハラール認証については「ハラール認証とは?なぜ必要なの?どうやって取るの?」をご覧ください。

イスラム教徒でない人が、ハラールの料理を食べていいの?

もちろんいいです。「ハラールとは?見分け方は?イスラム教徒の食事について」を読んでもお分かりいただけると思いますが、ハラールは何も特別な食べ物ではなく、私たちが普段食べているものと変わりません。むしろムスリムの方と一緒に食事を楽しめるので、よりハッピーな食事ではないでしょうか。

みんなうれしい

もし間違えて、ハラールでないもの(ハラーム)を食べさせてしまったら?

もし気づかずに、ムスリムの方に豚肉などを食べさせてしまったらどうなるのでしょうか?
お客様はあなたがイスラム教徒でないことを分かっているので、きちんと調べるなどして努力していたのであれば、きっと許してくれますが、このようなアクシデントを避けるためにも、不安なときは使う食材を見せて、自分で判断してもらうようにするとより良いでしょう。

もしハラールな食べ物がなかったら、飢え死にしてしまうの?

緊急時など、ハラールな食べ物が手に入らずやむを得ない場合は、ハラールでないもの(豚など)を食べてもよいとされています。
なぜなら、私たちが持っているものはすべて、自分の身体さえも、神様からもらったものであり、大切にするべきものだからです。なので、信仰を守るために体に深刻な害を及ぼしたり、ましてや命を断つというのは、むしろ良くないことなのです。
とは言っても、やはり抵抗がある人もいるでしょうから、無理強いするのは避けましょう。

サムライキッチンの取り組み

サムライキッチンではハラール食材のみ取り扱っており、ハラール認証を取得しています(認証機関:ジャパン・ハラール・ファンデーション)。お弁当やパーティーメニューなど、すべてのメニューについて、ハラールマークと原材料リストが載ったメニューカード・シールをお付けしていますので、お客様にも安心してお召し上がりいただけます。
宗教や国籍に関係なく、みんなで楽しい食事ができるようにしたい。これがサムライキッチンの願いです。

ハラールマーク付きメニューカード